本文へスキップ

健康サーチは病気の症状や治療・対策についての情報サイトです。

胃ポリープSearch


胃の病気 胃ポリープ

ポリープは、粘膜が局所的に病変を起こし盛り上がったものです。胃ポリープには、過形成ポリープと腺腫があります。過形成ポリープはガン化することはほとんどない良性のポリープで、逆にガン化する可能性が高いのが腺腫です。

胃にできるポリープは、約90%が過形成ポリープです。形は、平たい無茎性のものとキノコ状の亜有茎性、有茎性のもがあります。症状はありませんが、ポリープが大きいと胃の内容物に触れて出血を起こし、貧血や痛みを伴うこともあります。

<検査・治療法>
胃ポリープは大腸ポリープほど心配はいりません。検査は良性か悪性か判断するために、X線造影検査、内視鏡検査を行います。過形成ポリープの場合は大きくなったりガン化することはないので、定期的に観察することがほとんどです。

検査で悪性である腺腫が確認されたら、内視鏡的にポリープを切除することができます。まず、ポリープがある粘膜下の粘膜下層に生理食塩水を注入し、ポリープを浮き上がらせます。その根元に針金(スネア)の輪をくぐらせ、電気で焼き切るものです。

早期の胃がんではポリープ状の粘膜隆起が起こる為、取り除いたものを顕微鏡で調べます。(生検)また、良性でも大きく出血や通過障害を起こしているものは切除します。