本文へスキップ

健康サーチは病気の症状や治療・対策についての情報サイトです。

急性胃炎Search


胃の病気 急性胃炎

何らかの原因で胃の粘膜に炎症が起きたもので、急性と慢性があります。急性胃炎の原因は暴飲暴食が多く、飲酒、熱い食べ物、冷たい食べ物、辛い食べ物など刺激が強い食べ物を過剰に摂取すると、胃粘膜に炎症が起こります。

また、ストレスやかぜ薬、抗生物質などの服用、細菌・ウイルス感染、食物アレルギーによって起こることもあります。症状は、これらの摂取から数時間後、みぞおちや上腹部に急激に痛みを感じ、胃の重苦さ、悪心、吐き気、嘔吐が起こります。症状が悪化すると吐血することもあります。

<治療・予防法>
まず、炎症を起こしている原因となっているものを除去しなければいけません。アルコールや食べ物なら、それらの摂取をやめ、薬の服用は医師に相談して指示を受けます。ストレスならストレス解消が必要です。

軽症の場合は、胃酸の分泌を抑える制酸薬や胃の粘膜を保護する薬を使用し、食事はお粥などをとりながら安静にしていれば数日で完治しますが、胃がんや胃潰瘍の可能性がないか内視鏡検査を行うこともあります。