本文へスキップ

健康サーチは病気の症状や治療・対策についての情報サイトです。

慢性胃炎Search


胃の病気 慢性胃炎

急性胃炎と同じく、暴飲暴食やストレスなどが関係していますが、ヘリコバクター・ピロリ菌が分泌する物質が粘膜に刺激を与え、炎症を起こすこともわかっています。胃潰瘍などから続発することもあり、炎症を繰り返すうちに胃の粘膜や分泌腺が萎縮(いしゅく)し、胸焼け、胃もたれ、上腹部の鈍痛以外にも吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

胃粘膜が萎縮する原因は加齢や喫煙も関係しており、萎縮性胃炎が続くと、胃の粘膜が盛り上がったり、細胞が変性して腸粘膜のような粘膜〈腸上皮化生〉に変わるため、ガンの可能性が高くなります。

<治療・予防法>
暴飲暴食、アルコール、薬物によるものであればやめて、刺激の強い食べ物は避け、食事は柔らかいものを摂りながらしばらく安静にすることが大事です。薬物療法としては、胃酸の分泌を抑える制酸薬や粘膜保護薬、胃の運動を抑える薬を用います。ピロリ菌の場合は、抗生物質と制酸薬を1週間ほど服用し、除去治療を行います。