本文へスキップ

健康サーチは病気の症状や治療・対策についての情報サイトです。

内耳炎Search


耳の病気 内耳炎

内耳炎は、急性中耳炎や慢性中耳炎の悪化でウイルスや細菌が内耳に感染し、炎症を起こしたものです。また髄膜炎から血液を通して髄膜や髄液に感染して中枢を侵し、炎症が内耳におよぶこともあります。

内耳には、振動を脳に伝える蝸牛(かぎゅう)や三半規管など体のバランスを保つ器官があるので、これらに炎症が起こると、高等度の難聴やめまいが起こります。私達の体は視覚、手足の感覚、内耳による情報を脳に集め、脳は体を平衡に保つようにそれぞれに指令を出しています。

1つでも異常があれば、体の平衡感覚を失い、斜頸(しゃけい)やめまいの原因となります。三半規管に炎症がある場合は回転性のめまいが起こり、それに伴って吐き気や嘔吐もありますが、痛みはありません。

<治療法>
内耳炎は、主に中耳炎から続発的に発症するので、まずは中耳炎の治療が必要です。感染源に応じて抗生物質の投与を行います。進行すると、さらに脳や神経にまで達して障害を起こす危険性があるため、早期発見し放置しないことです。

耳の器官は鼓膜と違い、一度障害が起こると、再生しにくいため難聴は完治しにくくなります。そうなる前に中耳炎にかかったら、しっかり治療を行い、防止しましょう。