本文へスキップ

健康サーチは病気の症状や治療・対策についての情報サイトです。

リンパ管腫Search


リンパ腺の腫れの病気 リンパ管腫

リンパ管腫は先天的リンパ管の形成不全によって、リンパ管が肥大する良性の腫瘍です。主に頬、下、頸部(けいぶ)ワキの下、四肢(しし)などに発症し、転移することはありませんが、頸部の腫瘍が大きくなった場合、気道が閉鎖(へいさ)され、呼吸困難をおこすことがあります。

形状によって、嚢胞状(のうほうじょう)と海綿状(かいめんじょう)に分かれ、中にはリンパ液を含んでいます。1歳以下の小児に発症し、妊娠時に発見されることもあります。

<治療法>
MRI検査で、リンパ管腫の有無だけでなく、大きさや状態など診断できます。リンパ管腫には大小様々な形がありますが、ある程度の大きさがあれば、腫れた部分に硬化剤を注入します。小さかったり、硬化療法ができないものには、手術で切除します。