本文へスキップ

健康サーチは病気の症状や治療・対策についての情報サイトです。

腸閉塞Search


腸の病気 - 腸閉塞

腸が何らかの原因で閉塞することによって通過障害を起こし、腸内に内容物が溜まって様々な症状が起こります。腹痛の症状は原因によって多少異なりますが、閉塞上部では内容物が詰まるため腸管が膨張し、お腹の張りを感じるようになります。

この状態が続くと内容物は腸液とともに逆流し嘔吐(おうと)します。また、閉塞下部には何も入ってこないのでガスや便が出なくなります。原因として多いのは開腹手術後の腸の癒着(ゆちゃく)によるものです。

他にも大腸がんなどの腫瘍が成長し腸内腔を塞いだり、消化の悪いものや胆石のつまり、腹部周囲に出来た腫瘍による圧迫、S状結腸などの腸の捻じれ、腸が腸に入り込むもの。

また、腹膜炎による腹部の炎症や脳梗塞などの神経障害による腸機能の麻痺(まひ)があります。閉塞が圧迫によるものであれば同時に血管も圧迫され、血行障害から呼吸障害を起こし、危険な状態になります。

<治療法>
まず問診で過去に開腹手術の経験の有無や症状を確認し、腹部X線造影検査、大腸検査で判断します。圧迫による閉鎖は、血流が悪くなり血管が壊死(えし)して急に病状が悪化するので、すぐに手術が必要です。

つまりが原因であれば、腸内で内容物が腐敗し、腸内細菌が増殖するので抗生物質の投与を行います。軽度なら、食事と水分を取らずに数日の点滴を行ったり鼻から細い管〈イレウス管〉を挿入し、溜まった内容物やガスを取り除くと腸管の膨張もなくなり、ほとんどの場合は改善します。それでも症状が治まらない、改善しない時は手術で切除したり人工肛門で排出を助けます。